いわてスポーツコミッション規約

(名称)

第1条 本会は、いわてスポーツコミッション(以下「コミッション」という。)と称する。

(目的)

第2条 コミッションは、岩手県のスポーツ資源と観光資源を生かし、スポーツ大会やスポーツ関連イベント等の誘致、スポーツツーリズムの推進等を官民の関係機関・団体が一体となって取り組み、交流人口の拡大等による地域活性化を図ることを目的とする。

(事業)

第3条 コミッションは、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

(1) スポーツ大会、スポーツイベント等の誘致に関すること。
(2) スポーツ合宿等の誘致支援に関すること。
(3) 県内スポーツ施設、スポーツイベント等の国内外への情報発信に関すること。
(4) その他コミッションの目的を達成するために必要な事業

(会員)

第4条 コミッションの会員は、別表の団体とする。

(役員の定数及び選任)

第5条 コミッションに次の役員を置く。

(1) 会長 1名
(2) 副会長 1名

 会長は、岩手県文化スポーツ部長をもって充てる。
 副会長は、公益財団法人岩手県体育協会理事長をもって充てる。

(役員の職務)

第6条 会長は、コミッションを代表し、会務を総理する。
 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるとき、又は会長が欠けたときは、その職務を代理する。

(総会)

第7条 総会は、会長が招集する。

 総会は、次の事項について審議する。
(1) この規約の改廃に関すること。
(2) コミッションの事業計画及び事業報告に関すること。
(3) その他コミッションの運営に係る重要な事項に関すること。

 総会の議長は、会長がこれに当たる。
 総会の議事については、出席会員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
 総会の議事については、必要に応じて書面による決議とすることができる。この場合においては、前項の規定を準用し、同項中「出席会員」とあるのは「会員」と読み替えるものとする。

(会長の専決処分)

第8条 会長は、総会を招集するいとまがないときは、その議決すべき事項を専決処分することができる。
 専決処分された事項は、直後の総会で報告するものとする。

(名誉会長及び顧問)

第9条 コミッションに名誉会長及び顧問を置くことができる。
 名誉会長は、岩手県知事をもって充てる。
 顧問は、会長が選任する。
 顧問は、第3条各号の事業に関し、専門的見地からの助言その他必要な協力を行う。
 顧問は、会議に出席し意見を述べることができる。
 顧問の任期は、3年とする。ただし、再任を妨げない。

(事業年度)

第10条 コミッションの事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

(事務局)

第11条 コミッションの事務局は、岩手県文化スポーツ部スポーツ振興課に置く。

(委任)

第12条 この規約に定めるもののほか、本会の運営に関して必要な事項は、会長が別に定める。

附則

1 この規約は、平成29年10月21日から施行する。
2 コミッション設立時の事業年度は、設立の日から翌年3月31日までとする。